とりあえず一度読んでみてよ
いろんなブログを覗いていたら、コシヌケ1040さん「コシヌケな御意見番」ケータイで読書というエントリーがあって、
ケータイWatchのアンケートコーナー「けーたい お題部屋」で、「ケータイで電子書籍、読みたい?」という質問に対し、回答者の48パーセントが「興味が無い」、27%が「たまになら読みたい」、25%が「ぜひ読みたい」と答えた。回答者数は383。
・・・との記事が。先週ケータイWatchでこのお題が出てたことは知っていたのに、結果を見るのを完全に忘れていました。

 このお題を見たとき「ケータイで書籍を読んだことがある人はどのくらいいるのだろう?」と思いましたが、案の定、未体験でアンケートに答えた人も少なくなかったようです。

ケータイWatch けーたいお題部屋:【先週のお題】 ケータイで電子書籍、読みたい?より一部抜粋
■ 興味がない

●画面が小さすぎ。しょっちゅうスクロールしなきゃいけなくてめんどくさそう
●携帯の小さな画面ではあまり読む気にならないし、なにより「本を読んでいる」という実感が薄そうだから。
●著作権の関係で使い勝手が悪そうだから。
●画面からの文章は頭に入ってこない感じがします。やはり紙じゃないと。
 「読んだことはないけれど、とりあえず推測で」という回答が目立ちます。このあたりは、無料版だとかサンプル版をユーザーに体験してもらえるよう、キャリアないしコンテンツ会社に宣伝などの努力がほしいところです。

 ケータイ版電子書籍を語ると必ず「画面が小さい」という欠点が指摘されますが、たしかに読点をつなぎ目としてひたすら続く長文を小さな画面で読むのは少々苦労を伴います。

 しかし、この小さな画面にもひとつメリットが感じられます。それは、紙書籍だと文字の大きさですとか、見開き2ページにどのくらいの文字数があるかで、その本の内容が平易であるのか難解であるのかを読む前に判断してしまうことがあると思うのです。

 ケータイ版電子書籍だとそういうことはありません。文字の大きさは任意で変更できますし、自分の読みやすい文字の大きさにしてしまえば、一画面あたりの文字数はどの書籍でも同じになります。よってどんな内容の書籍であれ、臆することなく読み始めることができると思います。

 とはいえ、いまのケータイ版電子書籍には他にも数々の問題があります。そのなかで私が特に気になるのはラインアップ価格です。
 私自身は紙書籍の最新刊をすぐに電子書籍化する必要はあまりないように感じます。最新刊に飛びつくのはやはりもともと読書習慣が身についている人であり、そういう方は書店にちゃんと行くからです。それに「紙の本は、発行部数が増えて一定のコストを上回ったときの利益率が極めて高い」という話もあるので、出版社側が新書の電子化に消極的なのも理解できます。
 しかし、文庫化されたものについてはもっと電子書籍化されてもよいのではないかと思います。また、一部の電子書籍が紙の文庫よりも価格が高いことが不思議でなりません。価格が気になるというのはこのことです。安いに越したことはないですが、せめて文庫と同価格までに抑えてもらいたいもの。

 上記お題部屋の「たまになら読みたい」「ぜひ読みたい」の理由を見ていると眠っている市場は決してニッチなものではなく、案外大きいのではないかと思います。
[PR]
by masaki_graffiti | 2005-05-14 05:35 | 電子書籍について


<< 「新潮ケータイ文庫」で「電車男... 今週のベスト10(2005年5... >>