ΣBook・LIBLIeの足かせは本??
ITmedia:
「電子書籍」はどこまで来たか

という記事を読んで。

 上記の記事では電子書籍専用端末(ΣBook、LIBLIeなど。以下専用端末)について多く書かれているのですが、その普及の足かせはあまりに本を再現しすぎたことにあるのではないかと思いました。その理由と専用端末の行方についてケータイ版電子書籍と絡めながら書きたいと思います。

 このエントリーでは、専用端末よりもケータイ版のほうが普及しているという前提で話を進めます。この前提はかなり私の感触によるところも大きいのですが、まず端末のユーザー数がケータイのほうがはるかに多いこと、また、各種マスコミから「ケータイで読書する人が増えている」といった報道がいくつかされていること、そしてケータイ向け電子書籍サイトが後発のものも少しずつ増えていることから、ある程度の市場見込みと普及がなされていると判断しました。

 ケータイ版電子書籍は、紙の書籍と比べれば画面が小さい。機種によっては文字がなめらかでない(アンチエイリアスされていない)。読み進んでしまうと後戻りがしにくい・・・などなど、読書を快適に行なうための機能としては欠点だらけです。
 しかし、逆に言えば「読書できるデバイス」として最低限のことはクリアできているデバイスである、と言うこともできます。そこに「すぐにネットに接続して書籍を購入およびDLできる」「バックライト液晶で寝床でも読める」「電車内など立っていても吊り輪につかまりながら片手で読める」「手を離しておいていても紙書籍のように閉じたりしない」「何冊も持ち歩くことができる」などのこれまでの紙書籍にはなかった細かい付加価値が付くこと、また紙書籍の数少ない欠点を補うことで(きわめてニッチかもしれないけれど)紙書籍が補えなかったユーザー層を得ることができた(と断言するほどは普及していませんが)と思います。もちろん「もともと普段から持ち歩いていたものだから邪魔にならない」というメリットも普及を促したことでしょう。
 “読書するための機能”(視認性、閲覧性など)が著しく紙書籍より劣っているのは明らかですが、本と接しにくい環境でも読書ができるようになった、というところが大きい。だからこそ紙書籍を愛する人たちとはまた別の人たちのなかで、ある程度の普及をなしえたのではないでしょうか。

 その一方で専用端末ですが、こちらは電子機器で実際の本を再現する、ということを強く意識して作られたものです。そうしますと、機能面で紙書籍を上回る部分よりも「だったら紙書籍でいいじゃないか」という紙書籍と同等の部分が多くなるような気がします。仮にその機能面の優劣は置いておいたとしても、紙書籍に近い形状・大きさ・重量・扱いやすさなどから、どうしても紙書籍との間でユーザー(消費者)を奪い合う関係になりがちだと思うのです。そうすると紙書籍の良さを知る人たちを電子書籍へ振り向かせるのは容易ではない気がします。

 では専用端末に生き残る道はないのでしょうか。そのひとつの答えが冒頭の記事にあると思います。「乱読消費者向け中古市場対策」「図書館対策」です。詳しくは冒頭に紹介した記事を読んでいただきたいですが、版元へ効率的にお金が入るという意味で非常に意義が大きいと思います。

 やはりネックは端末価格でしょう。ΣBook、LIBLIeともに3~4万円もしますから、本好きな方から見れば「そのお金あったら何冊の本が買えるんだ」と言われてしまいそうです。

 せめてニンテンドーDSくらいの値段であれば、比較的手ごろかなとも思えるのですが・・・そういえばニンテンドーDSも見開き二画面でした・・・なんでも将来的にネットと繋げられるようにするとか・・・ニンテンドーDSを開いて90度回転させると文庫本のようにも見えます・・・・・・妄想はこのくらいにしておきましょう。おしまい。
[PR]
by masaki_graffiti | 2005-06-02 04:50 | 電子書籍について


<< 携帯電話で雑誌やカタログもありかも? 今週のベスト10(2005年6... >>