今週のピックアップ(2005年7月30日)
 まだまだ三国志読んでます。まだ三国時代にも入っていません・・・。
 余談になりますけれども、私はPlayer vs Playerが盛んなPC用RPGをプレイしているのですが、この三国志を読むと、とてもそのゲームをプレイしたくなります。血がたぎるというよりはなんらか智略を立てて戦ってみたい、というそんな感じ。なんだか単純ですね、私・・・。

電子書店パピレスDX

『毒入りチョコレート事件』
アンソニー・バークレー 著/グーテンベルク21/525円(税込)
商品説明より
 不可解な殺人事件の解決に乗り出す「犯罪研究サークル」の6人の会員たち。それぞれが得意にするアプローチに頼って、推理をおしすすめるが・・・・・・
 本格推理の種々の手法を縦横に駆使して読者をうならせる傑作。高村薫氏いわく「バークレーは名投手のピッチングのように、速球、変化球、内角外角、高さ低さを見事に使い分け、向かってきます」「解決場面だけが続くようなミステリーがあったら・・・・・・と空想する人にはたまらない、夢のような本です」

 最近ミステリーを読んでいないので、ちょっと押さえておきたいな、と。この安っぽいタイトルが妙に惹かれました。

Handyブックショップ

c0069890_3164691.jpg『カカシの夏休み』
重松 清 著/文藝春秋/472円(税込)
商品説明より
 もう若くないのはわかっているが、疲れる──。三十代後半、家庭では大黒柱を演じ、仕事は上から下からの難題を突きつけられつつ、かすかなモラトリアムをしのばせる世代。ダムに沈んだ故郷をでて二十年がたち、旧友の死をきっかけに集まった同級生それぞれの胸にある思いは「帰りたい、故郷に」。人生の重みにあえぐものたちを、励ましに満ちた視線で描く表題作はじめ三篇を収録。現代の家族、教育をテーマにつぎつぎと話題作を発信しつづける著者の記念碑的作品集。

 私、恥ずかしながらこの著者の作品を読んだことがないだけでなく、著者を全くもって知らなかったのですが、先日マイクロソフトが新たに発表したゲームマシン「Xbox360」に向けて作られている作品でシナリオを担当するとの発表で初めて知りました。キャラクターデザインを担当するのは「スラムダンク」で有名な井上雄彦氏なのですが、彼も重松氏がシナリオ担当ときいて仕事を請けたそうで、興味がわいたのでピックアップしてみました。

c0069890_3323525.jpg『ヒート アイランド』
垣根 涼介 著/文藝春秋/525円(税込)
商品説明より
 渋谷で会員制ファイトパーティーを開き、トップにのし上がったストリートギャング雅(みやび)。頭(ヘッド)のアキとカオルは、仲間が持ち帰った大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪したばかりの金だった。大金をめぐって、少年たちを追う強奪犯、強奪犯を追うヤクザ、そのヤクザを追う別の組・・・・・・息詰まる攻防を描いた傑作長編ミステリー。アキを主人公とするシリーズ第一作。

 この作品はハードボイルドな内容なのでしょうか。私の父親がその手の作品が結構好きでして、たまに勝手に借りて読んでいました。久々にこういう作品も良いなぁ。

 もっと読書に充てる時間を作らないと不良債権ならぬ不良ピックアップが山積してしまう・・・。まぁ、EZブック化されているのは新しい作品ではない場合のほうが多いので、あわてて読む必要もないのですが・・・。
 「今週のベスト10」から現在のピックアップにリニューアルして、個人的には正解だったと思う今日この頃・・・。
[PR]
by masaki_graffiti | 2005-07-30 03:46 | 新入荷ピックアップ


<< ケータイ電子書籍サイト「いまよ... 詠むように読む >>